<< Chapter < Page Chapter >> Page >
A module describing the use of bibtexml with cnxml, as well as as introduction to the glossary tag.

This module contains Connexions documentation which is out-of-date. The contents of this module are provided here for historical purposes only and should not be considered accurate for the current version of the Connexions website. The current (English-language) version of this module can be located at (External Link) . If you have any additional questions or cannot find the answer to your question, please contact techsupport@cnx.org and we will be happy to assist in any way we can.

If you would like to assist Connexions by helping us update this module with an appropriate translation from the current English version, please contact us at cnx@cnx.org as we would appreciate your help with improving our support for non-English-speaking users.

はじめに

 著者や編集者として、あなたは時々、実際はテキストに現れないドキュメント内の追加情報を含める方法が必要になるかもしれません。この情報はglossary、bibliographic referenceを含むかもしれません。このタイプの情報を含める方法はたくさんありますが、私たちの目的のために、私たちは glossary という名前の新しいCNXMLタグを作成することを選びました。そして、リファレンスのためにbibteXMLと呼ばれるXML言語を使用することを選びました。以下でその2つを説明します。また私はglossayとbibteXMLファイルの例を、このドキュメントのソースに含めました。ページの下までスクロールし、例がどのように表されているか見てください。

Bibtexml

"BibteXML is a bibliography DTD for XML that expresses the content model of BibTeX, the bibliographic system for usewith LaTeX. It provides conversion tools for tagging your bibliographic data in XML, or export it to HTML or nativeBibTeX syntax, saving typing time."
 平たく言えば、bibtexmlがポピュラーで広く受け入れられたlatex extension bibtexのXMLバージョンであることを、これは意味しています。 author editor などのsemanticタグを使うそれらのドキュメントで、リファレンスをマークアップすることができます。

Glossaryタグ

 テキストブックにはよく、巻末に用語のリスト(索引)があります。同じように、 glossary タグはモジュールの最後に、定義のリストを含みます。これは term タグを用いて、これらの定義にリンクしています( [link] を見てください)。

Glossaryを含める

 CNXMLドキュメントにglossaryを含めるのは簡単です。 Basic CNXML Tutorial では構造は通常以下のようになっていると述べられています。

    Document

  • name
  • metadata (optional)
  • content
 glossaryを追加したいとき、構造は以下に合わせて変化するでしょう。

    Document

  • name
  • metadata (optional)
  • content
  • glossary
 glossaryタグの内部では、追加したいだけ定義を追加することができます。definitionタグについての詳しい情報は、 CNXML 0.5 specification を見てください。

Glossary example

Following is an example of the code necessary to add a glossary with one definition. <glossary><definition id='quardef'><term>quarter</term><meaning><name>Meaning Name</name>One fourth of something.</meaning><example id='def'><para id='par'>"He cut the pie into quarters and gave all four people a piece."</para></example><meaning>25 cents, a quarter of a dollar.</meaning><example id='def2'><para id='par2'>"The drink cost a quarter."</para></example><example id='def3'><para id='par3'>"She picked up a roll of quarters so that she could do laundry."</para></example></definition></glossary>

Linking to definitions in a glossary

Often, one will need to refer to a definition in the glossary. To do this, one can use the term tag. By putting the src attribute in the term tag, one can link to a definition. Simply set the value ofthe src attribute to the id of the definition in the glossary, and that term will automaticallybecome a link to the definition in the glossary. Shown below is an example of the term tag being used to link to thedefinition in the definition example : <term src='#quardef'>quarter</term>

Bibtexmlを含める

 CNXMLドキュメントにbibteXMLリファレンスセクションを含めるのは簡単です。 Basic CNXML Tutorial では構造は通常以下のようになっていると述べられています。

    Document

  • name
  • metadata (optional)
  • content
 bibteXMLリファレンスセクションを追加したいとき、構造は以下に合わせて変化するでしょう。

    Document

  • name
  • metadata (optional)
  • content
  • glossary
  • file
 glossary、bibteXML、もしくは両方のファイルを含めることは可能です。唯一の制限は、両方のファイルを入れる場合、glossaryが先にならないといけないことです。
  file タグはbibteXML言語のルートのタグです。fileタグ内部では、図書目録の異なった種類に対応する他のタグを追加することができます。図書目録に関する例を以下に示します。

Bibtexml example

<bib:file><bib:entry id="esbensen"><bib:book><bib:author>Kim Esbensen; Tonje Midtgaard; Suzanne Schonkopf</bib:author><bib:title>Multivariate Analysis in Practice</bib:title><bib:publisher>Camo AS</bib:publisher><bib:year>1994</bib:year><bib:address>Trondheim</bib:address></bib:book></bib:entry><bib:entry id="martens.nes"><bib:book><bib:author>Harald Martens; Tormod Nas</bib:author><bib:title>Multivariate Calibration</bib:title><bib:publisher>John Wiley&amp; Sons Ltd.</bib:publisher><bib:year>1989</bib:year><bib:address>Chichester</bib:address></bib:book></bib:entry></bib:file>

例のコードの各タグは、ネームスペースプリフィックスで始まっています。bibteXMLの場合では、プリフィックスは bib: です。

Linking to bibliography

You will want to refer to an entry in the bibliography. To do this, one can use the cite tag. By putting the src attribute in the cite tag, one can link to a bibliographic entry. Simply set the value of the src attribute to the id of the bib:entry , and that reference will automatically become a link to the bibliographic entry. Shown belowis an example of the cite tag being used to link to the bibliography in [link] : <cite src='#esbensen'>Multivariate Analysis in Practice</cite>

Bibtexmlタグ

  [link] を見ることによって、bibteXML内で使用可能なタグの種類を見ることができます。以下に、bibteXMLタグの使用についての簡単な説明をします。より詳しい情報は、 BibteXMLホームページ を見てください。

File

  file タグはbibteXML言語のルートタグです。それは図書目録の始まりを指示しています。

Children

  file タグは1つ以上の entry タグを含まなければなりません。

Entry

  entry タグは個々の参照の始まりを指示しています。

Children

  entry タグは以下のcontainersを1つ含まなければなりません。
  • article
  • book
  • booklet
  • manual
  • techreport
  • mastersthesis
  • phdthesis
  • inbook
  • incollection
  • proceedings
  • inproceedings
  • conference
  • unpublished
  • misc

Containers

  entry で使用可能な各子要素(article、book、bookletなど)は、その特定の種類のentryに関するメタデータのcontainersです。

Children

 containerタグはbibteXML metadata タグの異なった結合を含まなければなりません。詳しい情報は、 BibteXMLホームページ .を見てください。

Bibtexml metadata tags

  entry の可能な子要素としてリストアップされたすべての子要素は、metadataタグを含むことができます。これれのmetadataタグを以下にリストアップされます。

    Metadata tag list

  • address
  • author
  • booktitle
  • chapter
  • edition
  • editor
  • howpublished
  • institution
  • journal
  • month
  • note
  • number
  • organization
  • pages
  • publisher
  • school
  • series
  • title
  • type
  • volume
  • year

Children

 すべてのmetadataタグはユニコードのテキストを含むことができます。

Practice Key Terms 1

Get the best College algebra course in your pocket!





Source:  OpenStax, Connexions tutorial and reference (japanese version). OpenStax CNX. Aug 26, 2005 Download for free at http://cnx.org/content/col10298/1.9
Google Play and the Google Play logo are trademarks of Google Inc.

Notification Switch

Would you like to follow the 'Connexions tutorial and reference (japanese version)' conversation and receive update notifications?

Ask